伝統的な健康術を体得する

鍼灸

資格があれば疾病治療も可

近年は健康ブームに伴ってさまざまな健康法が注目を集めており、その中には非常に古い歴史を持つものもあります。鍼灸もまた、そうした伝統的な健康法の1つです。鍼灸は鍼(はり)と灸(きゅう)という2つの健康術の総称で、厳密にはそれぞれ別のものです。ただしこれを職業としている人の多くが2つの国家資格を併有し、鍼灸師として開業しているため、しばしば一緒に語られます。鍼灸は健康法と先に述べましたが、リウマチや神経痛など一定の傷病には医療としての効果が認められており、国家資格を持っていればこれらの治療に従事することができます。また、肩こりの解消や疲労回復といった健康増進を謳って施術を行う場合も、国家資格は信頼できる技術の証しとして通用しています。鍼灸の国家資格を取得するには、まず高等学校を卒業した後に国が指定した養成施設で知識や技能を身につける必要があります。指定施設は全国の大学・短大・専門学校・盲学校などで、修学期間は3〜4年となっています。養成施設で所定の単位を修めたら、鍼師・灸師になるための国家試験を受験し、それぞれに合格することで資格が得られます。国家資格を取得すると鍼灸院と呼ばれる治療施設で仕事に従事することができますが、小規模な施設が大半を占めるため求人はそれほど多くなく、むしろ自ら鍼灸院を開業する例が目立ちます。最近では、リハビリテーション施設や介護施設などで活躍する鍼灸師も増えてきています。