広がる業務分野と活躍の場

女性

高いニーズがあります

視能訓練士は視覚訓練士法という法律に基づく国家資格を持った医療技術者のことです。眼科において医師の指導のもと、視能検査を行ったり、最近子供に多い斜視や弱視の訓練治療にも取り組みます。視能検査では超音波や電気生理学、写真撮影検査などを行い、正確な検査結果を医師に渡します。医師の判断材料になる大変重要な仕事です。視能訓練士になるためには高校卒業後、視能訓練士養成施設で3年以上かけて知識や技術を身につけます。大学や短大、看護師や保育士の養成機関で指定科目を履修してから、視能訓練士養成施設で1年以上知識や技術を習得します。外国人の場合は、海外の視能訓練士の学校を卒業し、免許を受けており、日本の養成機関が学んだのと同等の知識と技術力があると厚生労働大臣が認定した者。以上の人たちが国家試験受験資格者となります。視能訓練士に求められる適性は、眼科医の診断材料の一つになる材料を集めて来るわけですから、間違えは許されない業務です。そのため、正確性や几帳面さが求められます。またリハビリや斜視や弱視は訓練の結果が直ぐに出るものではありません。根気強さと患者や医師とのコミュニケーション能力が求められる仕事です。国家資格を取得すれば、就職先は医療機関の眼科になります。そのニーズが高く、就職も段々と難しくなってきています。主には国公立の医療機関、私立病院、眼科診療所などになります。また、地域医療の発展のために集団検診にも参画します。